スーパー麺でダブル受賞! 東京赤坂の名店「箱庭」さんが感動的に美味しかった☆

目次

東京赤坂の名店「箱庭」さん

 

食通が集まる東京赤坂の中心で、
隠れ家的な名店として知られる創作料理のお店「箱庭」さんに行ってきました!

そして「箱庭」さんといえば、

スーパー麺を使った創作料理

「炙り塩豚とぴり辛肉味噌まぜ麺」が、

2021年全国のオーナーシェフが選ぶ絶品グルメ
Grand Cuisine の「創作麺部門」で、

金賞&グランプリをダブル受賞されました\(*^ワ^*)/
おめでとうございます!




全国のシェフ達をうならせた、スーパーな味を堪能してきました。

 

店員さんのオススメ料理をオーダー


今回注文する料理はもう決まっています。

前回、受賞した「炙り塩豚とぴり辛肉味噌まぜ麺」を食べた後に、

店員さんから

「こちらもすごくオススメですよ♪」

と教えていただいた

「超濃厚!エビみそクリームまぜ麺」です!!!


ずっと気になっていたので、すごく楽しみです〜♪


いよいよ「ご対麺」!

 

 

食べる前から、濃厚なエビの香りが私を包みこみます。


ゴクリ…。


どれどれ…

と麺にたっぷりクリームを絡ませて。。。

 

 


パクッ

 


もくもぐ...

 

 

 

 

…う、うまいっ!!(T^T)



超濃厚なエビの旨みが、
スーパー麺をかむほどに口の中いっぱいに広がります。

どうしてこんなに旨味が濃いんだろう??

思わず、シェフの川﨑万里さんにお聞きすると、
ソースの作り方麺の茹で方にヒミツがありました。


クリームソースは、
フランス料理で有名な「アメリケーヌソース」というものらしく、

・まずエビの殻を焼く

・野菜といっしょに炒める

・じっくり煮て旨味を出す

・濾してさらに旨味を抽出

というとっても手間のかかるものとのこと。



そして次に麺の茹で方です。


まずフライパンで、
少なめのお湯で平打ち麺をほぐし、
そのまま濃厚ソースをイン!

 

お湯がちょうど蒸発する頃合いを見計らいながら、
麺とソースをからめる職人技が光ります。


だからこんなに麺に旨味がしみ込んでいて、
ほどよいコシと柔らかさにしがるのか…

と、またまた感動。


川崎シェフいわく、 

この作り方ができるのは、スーパー麺ならではなんですよ。
乾麺だと、一度お鍋で麺をゆであげて、
別のフライパンでソースとからめないといけないんです。」


「早くゆであがるし、コシがあって、
スープをよく吸ってくれるから、すごく扱いやすいんです。」

とのこと。


そんな川崎シェフのこだわりと愛情を聞きながらいただくと、
美味しさとありがたみが増し増しになります。

 

あっという間に麺を食べ尽くしたあと、
どうしてもお皿に残った濃厚ソースがもったいなくて、
バケットまでお願いしてしまいました(^^;)

 

う〜ん、、、シアワセ。。。


お礼を伝え、お店を出ようとしたそのときです。

店員さんが

「ちなみに最近は、

明太じゃがバタまぜ麺

のご注文もすごく多いんですよ♪」

とニッコリ。


んな、なぬぅ〜!?

絶対また来ます〜!!(T^T)



ということで、皆さまもぜひ一度ご賞味くださいませ。
(テイクアウト/デリバリーもOK♪)

 

==

▼ 箱庭さんの情報はこちら

〒107-0052 東京都港区赤坂6-6-5 赤坂ロイヤルビル 2F

03-5544-8577

https://akasaka-hakoniwa.com/


==


コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があります